回復期リハビリテーション病棟、外来・訪問リハビリテーション、内科・整形外科外来診療、在宅診療

リハビリテーション部門の紹介

 

 

【リハビリテーション部門のご紹介】

当院、リハビリテーション部は、入院部門、外来部門、通所リハビリ部門、訪問リハビリ部門の4部門から構成されており、それぞれ理学療法士(Physical Therapy:PT)、作業療法士(Occupaional Therapy:OT)、言語聴覚士(Speech Therapy:STが配属されております。

それぞれの専門性を生かし総合的なリハビリテーションを行っております。

 

リハビリテーション(rehabilitation)は、本来、re『再び』、habilitate『適合した、ふさわしい』という意味を表します、つまり機能回復のみでなく病気や障害によって身体的、社会的不利になった方々にその方らしい生活を取り戻し、住み慣れた地域社会に復帰し、社会参加できるように総合的に支援し、再び社会生活に適合されることがリハビリテーションです。入院中は医師との合同回診や入院計画に関する多職種(医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療相談員、管理栄養士、薬剤師)が参加するカンファレンスを行い、情報交換、治療方針の統一を徹底することにより効率よく充実したリハビリテーションを提供しております。

 

当院では、回復期から在宅に至るまで、患者様一人とりに対して充実したリハビリテーションサービスができるような体制を整えております。

 

理学療法・・・身体の各機能の回復治療に加え、起きる・座る・立つ・歩行移動するなどの基本的な動作能力訓練や介助方法の指導を行います。

 

作業療法・・・「食事」「入浴」「家事」「仕事」「趣味活動」など人の日常生活にかかわるすべての諸活動を『作業』と呼びます。様々な病気で障害を待った患者様機能回復を図るとともに残された能力を生かしその人なりのその人らしい生活『作業』を通じて再獲得するための訓練、指導を行います。

 

言語聴覚療法・・・主に脳血管障害の後遺症による失語症(言葉が出てこない)、構音障害(うまく話せない)、摂食嚥下障害(食べたり飲んだりすることがうまくできない)のある患者様を中心に各種検査並びに訓練を行っています。

 

 

【リハビリテーション部理念】

1.人格の尊重

2.丁寧なあいさつ

3.良質なリハビリテーションサービス

4.チーム医療と連携

 

【施設基準】

脳血管リハビリテーション 1

運動器リハビリテーション 1

廃用症候群リハビリテーション1

呼吸器リハビリテーション 1

 

【スタッフ】

理学療法士  29名       作業療法士  10

言語聴覚士    4名         助     手    5

 

【リハビリテーション診療体制】

入院部門

日常生活動作の自立、在宅復帰に向け集中的なリハビリテーションを行います。

365日体制で患者様の状態に応じて1日最大9単位(1単位は20分に相当します)

のリハビリテーションを提供いたします。

 

 

外来リハビリ部門

日曜、祝日、年末年始を除く、午前中のみですが、目標を明確にし、実施しております。

対象疾患として脳血管疾患後遺症等の中枢神経疾患や整形外科疾患をスタッフ9名で対応しております。

 

 

通所リハビリ部門

介護認定をお持ちの方で、リハビリサービスのみをご希望の方を中心に1日35名程度の利用者様をお迎えし、80分程度の滞在時間で症状に合わせリハビリを実施しております。

 

 

訪問リハビリ部門

介護認定をお持ちの方で、ご自宅に伺い40分もしくは60分でのリハビリを実施いたします。目標を明確に実施いたします。

 

 

 

【教育体制】

リハビリテーション部では質の高いリハビリテーションサービスを提供するために現任者教育に力を入れております。

特に臨床教育に重点をおき患者様の治療場面を通じての実践的な教育や、症例検討会などを積極的に行っています。

また、最新の知識技術の習得のため外部セラピストを招いた院内研修会や専門学会、研修会等へも積極的に参加できる体制となっています。

 

【求人情報】

当部門では、PT・OT・STを募集しております。

新しい環境のもと一緒に患者様のために頑張りましょう

見学はいつでも大歓迎です。スタッフ一同お待ちしております。

理学療法 理学療法

作業療法 作業療法

言語聴覚療法 言語聴覚療法

リハビリ風景 リハビリ風景

入院部門 入院部門

外来部門 外来部門

通所部門 通所部門

通所リハビリ風景 通所リハビリ風景

訪問リハビリ 訪問リハビリ

訪問リハビリ風景 訪問リハビリ風景